無駄にしない為に手軽にできる売却方法|最適なタイミングを見極める

骨董品の買取

骨董品や美術品の鑑定・買取の価格の傾向について

骨董品や美術品は、古美術品の買取業者に買い取ってもらうことができます。骨董品や美術品は、鑑定士によって鑑定が行われ、買取価格が決定します。鑑定額や買取価格は、古美術品の価値によって違いがあります。 骨董品や美術品の買取価格は、上昇の傾向が見られます。その理由として、中国などの新興国で、日本の骨董品や美術品の人気が高まっているからです。かなりの高値で中国等で売れるため、古美術品の買取価格は上昇しています。 日本人の有名な画家や陶芸家の作品であれば、100万円以上の高値で買い取ってもらえる場合もあります。特に江戸時代の浮世絵は人気が高く、鑑定金額は数百万円を超える場合もあります。 鑑定は無料でしてもらえますので、まずは鑑定をしてもらい、骨董品の価値を調べることが大切になります。

古美術品の買い取りの歴史について

日本では、骨董品や美術品の買い取りは、明治時代の頃から行われるようになりました。海外で日本の古美術品の人気が高まり、鑑定金額も上昇しました。 1980年代から90年代のバブル期には、骨董品や美術品の買取価格が上昇しました。バブル崩壊後も、テレビ番組などの影響で、骨董品や美術品の買い取りは盛んに行われました。 2000年代になると、遺品整理の際に出てきた骨董品や美術品を、業者に買い取ってもらう人が増えました。買取業者は出張買取を行うようになり、依頼者の自宅まで出向いて、大量の古美術品の買取を行うようになりました。 現在は、新興国で日本の古美術品の人気が高まっているため、かなりの高値で買い取ってもらえます。

ページのトップへ戻る