無駄にしない為に手軽にできる売却方法|最適なタイミングを見極める

中国のプレミアム切手

中国切手の買取サービスを利用する

2008年の北京オリンピックを前に、中国切手の売買が急激に盛んになりました。それに伴い、売買金額も急上昇しました。現在は、やや下降傾向にありますが、それでも、中国の富裕層を中心に希少な中国切手の根強い人気は継続しています。 一般的に、高額で取引される中国切手はプレミアム切手と呼ばれ、1960年から1985年の間に発行され切手を指します。さらにその中でも特定の切手に高い買取価格がついています。 代表的な赤猿、オオパンダ、毛主席関連の切手などがよく知られていますが、中には使用済みでも高値で買取される切手も埋もれているかもしれません。 査定に際しては、専門の切手業者を選ぶことが重要です。一枚数十円のものから、数十万円のものまで多種多様です。切手の状態によっても買取価格は変わります。 全体の相場は、今後は中国経済の動向によっても変動するかもしれません。 中国切手が手元にあれば、早めに処分したほうがいいかもしれません。

査定の際に注意するポイント

切手の買取業者はたくさんあります。その中で、できるだけ高い査定金額をだしてくれるところを探すには、インターネットの査定サービスを活用することです。 さらに正確な査定をしてもらうには現物を宅配便などで送り、より精度の高い査定金額を出してもらうか、直接、現物を持ち込んで、買取価格を提示してもらう方法があります。また、無料出張査定に応じている業者もいます。 ほとんどの買取業者は、購入した中国切手をそのまま中国のバイヤーに転売します。中国のコレクターが収集したり投資対象に購入するバイヤーがいるためです。 したがって、中国切手の相場は、その時の中国の動静によって左右されますが、現在は比較的高値で推移しています。 不要な中国切手が手元にあれば、まとめてすべて査定してもらうことをお勧めします。

ページのトップへ戻る